衛生管理者

衛生管理者

衛生管理者【労働生理】 泌尿器系『腎臓・尿』出題傾向を徹底分析!

泌尿器とは、【ひにょうき】と読みます。腎臓(じんぞう)・尿管(にょうかん)・膀胱(ぼうこう)からなり、尿の分泌と排泄(はいせつ)を行なう器官のことです。労働生理の泌尿器系の項目では、腎臓(じんぞう)の構造と尿(にょう)の成分の出題が大半です。
衛生管理者

衛生管理者の労働生理【ホルモン・内分泌】出題傾向を徹底分析!

出題形式は、「ホルモン名」・「内分泌器官」・「はたらき」の関係性が正しいか、間違っているかを問われる形式になっています。少し聞きなれない名前があるかもしれませんが、出題されるホルモンは同じものが多いため、過去問をしっかり取り組めば点数につながる問題です。
衛生管理者

衛生管理者の試験科目 よく出る労働衛生「有害業務以外」の出題傾向

日常的な生活面で気を付けるべき健康面、仕事場で起きてしまった事故の対処方法なども多く含まれており、5科目の中でも身近な内容になっており、比較的学習を進めやすい試験科目です。労働生理の次に勉強を取り組む試験科目としてもおすすめです。
衛生管理者

衛生管理者の過去問対策!労働生理【ストレス】出題傾向を徹底分析!

現代のストレス社会において、ストレスに対しての正しい理解が必要であり、労働者の衛生面を担う衛生管理者としては、充分な知識と経験を要する範囲であると言える。出題傾向においても、ストレス社会から労働者を守るための正しい知識を持っているかが求められる。
衛生管理者

衛生管理者【労働生理】『睡眠』の過去問の出題傾向を徹底分析!

睡眠は、昨今問題になっているストレス社会においての、疲労回復のために重要視されています。心身ともに疲労を回復する一番の効果をもたらすものであり、企業で働く従業員の疲労回復方法において重要であり、衛生管理者試験の問題にも反映されています。
衛生管理者

衛生管理者の過去問の出題傾向を徹底分析!労働生理【筋肉】編

労働生理の「筋肉」編では、筋の種類や筋収縮、筋肉の疲労の原因などについて出題されています。筋肉中のグリコーゲンを分解する際に、酸素が不足していると乳酸がたまり、筋肉が疲労する。等尺性収縮と等張性収縮との違いなどを押さえておきましょう!
衛生管理者

衛生管理者【労働生理】『体温』過去問の出題傾向を徹底分析!

労働生理の体温の項目については、外部環境に適合するように、ヒトの体がどのように体温調節するかのしくみの問題が出題されています。寒いときは産熱をし、暑いときは汗をかいて放熱をします。これらの体温調節のしくみを過去問を繰り返して、理解していきましょう。
衛生管理者

衛生管理者【労働生理】『心臓・血液』過去問の出題傾向を徹底分析!

肺循環と体循環の血液の流れる経路、動脈血と静脈血の違いなどの血液循環に関しての内容を混同しないように確実に押さえておきましょう!①体内を循環する経路には、肺循環と体循環の2つがある ②体内を循環する動脈血と静脈血の違い
衛生管理者

衛生管理者の労働生理【神経系】過去問の出題傾向を徹底分析!

神経系は中枢神経系と末梢神経系に大別される。中枢神経系は脳・脊髄(せきずい)の働き、末梢神経系は体性神経系と自律神経系からなる。神経細胞(ニューロン)とその構造、情報の伝導と伝達(シナプス)については、ニューロンとシナプスの説明文を入れ替える問題が出題されている。
衛生管理者

衛生管理者試験の労働生理【呼吸】過去問の出題傾向を徹底分析!

ヒトの呼吸全般に対しての問題が出題され、外呼吸と内呼吸・呼吸運動・呼気と吸気・呼吸中枢は押さえておきたい。毎回出題されている項目であり、出題されたら必ず解答できるようにしておきましょう!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました