衛生管理者の仕事内容とその役割、試験についてを徹底解説します! 

衛生管理者

衛生管理者って、どんな仕事をするの?

衛生管理者は、職場で働いている人の健康や職場環境を良くする仕事だよ

職場で働いている人のサポートをする人なの?

衛生管理者は働いている人の味方だよ

衛生管理者の仕事内容とはどういったものなのか?

衛生管理者の仕事とは
  • 職場の人たちがどうすれば働きやすくなるのか
  • 心身ともに健康で快適に働くにはどうすれば良いのか

を常に考え、職場環境を改善していくことです。

近年、重労働や劣悪な環境での仕事や、到底クリアできないノルマや過度なプレッシャー、時間外労働の慢性化によって、体や心が壊れてしまい、仕事を継続することができない人が増加しています。

企業で働く人たちの労働条件や環境を改善するために、衛生管理者を企業の規模によって、選任しなければならないと定められています。

衛生管理者の企業での取り組み
  • 年に1回以上の健康診断を実施する
  • 月1度の安全衛生会議を開催する
  • 週1回の職場巡視、職場環境の調査
  • 労働者への衛生面の教育
  • 使用する用具の点検の徹底をルール化

労働環境の維持継続・改善を繰り返しながら、作業場の管理をします。

「職場環境を常に把握して、維持しつつ、より良い職場を目指す」

をモットーに、職場で労働者が仕事をしやすくするサポートをする仕事と言えるでしょう。

衛生管理者の役割と業務内容について解説

衛生管理者の役割は、仕事をする人の健康と労働災害から身を守ることです。

工事現場や製造業などでは、危険な作業も多く、労働災害が発生する恐れがあります。

熟練の労働者でも、経験豊富ではあるが労働衛生の正しい知識を持っているとは限りません。

ですので、国家資格を有する衛生管理者が必要になるのです。

例えば、衛生管理者の役割と業務内容は、下記のようなものがあります。

  • 危険や健康障害の防止
  • 安全または、衛生的な教育訓練
  • 健康保持のために定期的な健康診断
  • 労働災害の原因の調査と、再発防止対策の定着
  • 保護具や救急用具の点検・整備
  • 設備や原材料、作業行動に起因する、危険性や有害性の調査
  • 労働衛生計画の作成・実施・評価・改善
  • 照明・温度・換気などの労働環境の改善
  • メンタルヘルスケア

職場での衛生管理者の仕事内容を挙げれば、キリがありません。

職場環境を整え、気持ちよく働くことができる職場づくりのエキスパートである衛生管理者が必要です。

労働者の人数によって、衛生管理者を選任しなければならない

一定以上の人数が働いている企業では、働く人の健康や労働災害から守るために、衛生管理者という資格を有した人を選任する法律上の義務があります。

業種に関わらず、常時50人以上が働いている企業は衛生管理者を選任する必要があります。衛生に関する技術的事項を管理することとされています。

選任すべき衛生管理者の人数は一企業に一人だけとは限りません。製造業の工場や、事業所、倉庫などの事業場で働く人の人数や業務の種類によって、必要な人数や資格が異なってきます。

事業場ごとに選任すべき衛生管理者の人数と選任する目的とは?

衛生管理者の受験資格は実務経験が必要

衛生管理者の受験資格については、最終学歴と実務経験の掛け合わせが細分化されており、自分が受験資格を有しているのか、理解しにくい部分があります。

衛生管理者の受験において、「事業者証明書」が必要になります。少なくとも労働衛生の実務に従事した経験を有する期間が、大学卒業程度の方で1年間、高卒程度なら3年間の実務経験が必要となります。

ですので、衛生管理者の試験内容・試験時間、受験資格、添付書類に関しては、安全衛生技術試験協会の受験資格をしっかり参照して、自分が該当するのか確認してください。

衛生管理者の試験の申込み方法について

衛生管理者の申し込み手順ですが、受験票の受け取りまで少し時間がかかります。

  1. 受験申請書を請求をします(会社が用意してくれる場合もあります)
  2. 受験申請書類を作成(証明写真を撮り、貼付けが必要)
  3. 受験申請書を提出(受験を希望するセンターに提出してください)
  4. 受験票の受取り(必ず手元に受験票が届いているか確認してください)

衛生管理者の受験申し込み方法をまとめました!わかりやすく解説します!

試験日の候補は必ずしも第一志望で決まるとは限りません。時期が年度末だったりする場合は、第二志望になってしまう可能性があります。第一志望日が定員オーバーだと、事務局から電話で第二志望でも構わないかと連絡が入ります。ですので、業務の都合も考えて、第二志望まで考えておきましょう。

衛生管理者の試験の勉強期間はどれほど必要なのか?

会社命令で、「2か月で取れ!」と言われたのなら、2か月で資格取得できるスケジュールを組んで、がむしゃらにして、なんとか合格を手にできるように頑張ってください。

しかし、先々のために退職者もあることだから、衛生管理者を企業に置いておくべきなので、じっくり勉強して取得して欲しいということであれば、3か月から6か月はしっかり勉強をして、充分理解してから試験に挑んでください。

最短2週間で合格!とか、1か月で合格!とかよくありますが、私の体験上、まず難しいと感じます。仕事上詳しい分野があるにせよ、5科目とも理解スピードが速く、あっという間に覚えてしまえる内容だとは到底思えません。

そこはやっぱり難易度がそれほど高くないと言っても国家試験です。何度も試験を受けてやっと合格したと言う人もたくさんいます。

ですので、3か月から6か月間を目安に、じっくり腰を据えて、試験勉強に励んでください。

平日何時間、週末何時間と勉強に当てることが時間はまちまちです。

衛生管理者の試験に最短で合格したい!試験勉強の期間はどれぐらい必要なのか?

試験勉強のスタイル別に解説! 独学?通信講座?講習会?

独学で合格を目指したい人

衛生管理者の試験は比較的難易度は高くありません。国家試験ですが、独学でも十分合格する事ができると思います。ただし、わかりやすいテキストと、解答解説が充実しており、理解がしやすい過去問題集を選ぶ必要があります。特に、5科目とボリュームが結構あり、その中でも各項目に分かれているので、勉強の進め方も効率よくしていかないと、無駄な時間ばかりが掛かり、全てをまんべんなく理解する前に試験日がやってきて、不合格となってしまうケースがとても多いです。また、効率的な勉強方法を自分で決めて、最後まで進めて行かないと、モチベーションも下がってしまい挫折してしまう恐れもあります。

第1種衛生管理者独学で一発合格!おすすめのテキストと過去問とは?

通信講座で確実に合格したい人

衛生管理者の勉強方法には、通信講座も人気です。

独学でも合格可能だと伝えていますが、こういった人は通信講座がおすすめです。

通信講座に向いている人
  • 何度も不合格になっている
  • 一発で合格したい
  • できるだけ早く合格したい
  • 市販のテキストでは理解できない
  • 授業形式で勉強を進めたい
  • 理解しにくい部分を質問したい

衛生管理者は法改正に伴い、試験内容も変更される場合があります。通信講座では最新の情報を提供してくれますので、法改正後の出題傾向を分析をして、速やかに対応できるメリットは大きく有利です。

厳選!衛生管理者の人気通信講座(内部リンク)

講習会を受けて合格したい人

衛生管理者には講習会も開催されています。試験直前に短期講習ということで2日間の集中講習となっています。全国展開されている講座もあります。合格するまで再受講が無料がありがたいです。

ウェルネット、ドットネット、大阪労働衛生連合会

衛生管理者試験では、過去問を解くことが合格の近道

自分にはどんな勉強のスタイルが合うのかを見極めて、学習を進めていくのですが、テキストは勉強のスタイルにより異なります。

  • 独学   ➡市販のテキスト
  • 通信講座 ➡講座のテキスト
  • 講習会  ➡講習会の参考書

過去問題も同様に通信講座や講習会なら提供されます。テキストで一通り学習が終わったら、過去の問題に触れて慣れておく必要があります。

試験勉強の後半では、必ず過去問を中心とした学習に切り替えておきましょう!

【目指せ!一発合格】第1種衛生管理者を最短で合格する8つのポイント

衛生管理者の取得にともなう、資格手当と実務者手当

会社によれば、衛生管理者を取得するだけで資格手当が発生するところもあります。実際に、各事業場を代表とする衛生管理者として業務に従事しているのなら、実務者手当としてさらに資格手当がもらえるところもあります。

衛生管理者の取得にともなう、昇進と昇格への影響

直接は昇進昇格への影響はあるかはその事業場での判断になりますが、少なくとも国家試験を取得した実績があります。さらに、衛生管理者は職場で働く人たちの健康と作業環境の改善などの事業場のマネジメント内容を試験取得で知識として得ています。ですので、会社への貢献度はグッとアップしているので、会社や上司からの評価についても高くなっていることは間違いないでしょう。

衛生管理者の過去の出題傾向に基づいて、過去問対策を実施すべし!

・関係法令【有害業務に係るもの】


安衛法
衛生管理体制全般作業主任者譲渡等の制限等
製造の許可健康管理手帳
有機則有機溶剤中毒予防規則全般
酸欠則酸素欠乏症等防止規則全般
粉じん則粉じん障害防止予防規則全般
労基法すべての女性の就業禁止業務年少者の就業規則

・関係法令【有害業務に係るもの以外のもの】


安衛法
衛生管理者・衛生推進者産業医衛生委員会
一般健康診断(定期・雇い入れ時)ストレスチェック医師による面接指導
安衛則衛生基準全般
労基法労働時間等年次有給休暇妊産婦の就業規則

・労働衛生【有害業務係るもの】

有害業務有害光線・電線放射線・電磁波金属による中毒騒音による障害
化学物質による健康障害有害因子等による健康障害特殊健康診断
粉じんによる健康障害有機溶剤の一般的性質化学物質の一般的性質
化学物質等リスク低減措置・SDS作業環境測定の結果の評価
呼吸用保護具(防毒マスク等)局所排気装置

・労働衛生【有害業務に係るもの以外のもの】


作業環境
情報機器(VDT)作業腰痛予防対策
快適な職場環境形成の措置メンタルヘルスケア

救急処置
やけど・熱傷骨折出血・止血
食中毒一次救命処置

管理等
健康測定・健康増進対策脳血管障害・虚血性心疾患
BMI・メタボリックシンドローム労働衛生管理

➡作業環境/過去問対策(情報機器[VDT]作業・腰痛予防対策・メンタルヘルスケア

➡救急処置・止血/過去問対策(やけど・熱傷、骨折、出血・止血、食中毒、一次救命処置

➡管理等/過去問対策(健康測定・健康増進対策、脳血管障害・虚血性心疾患、BMI・メタボリックシンドローム)

・労働生理

感覚器官呼吸神経系心臓・血液
体温筋肉ホルモン・内分泌
栄養素の消化・吸収タンパク質の分解・呼吸・働き腎臓・尿
代謝全般睡眠ストレス

感覚器官/過去問対策

呼吸/過去問対策

神経系/過去問対策

心臓・血液/過去問対策

体温/過去問対策

筋肉/過去問対策

➡ホルモン・内分泌/過去問対策

➡栄養素の消化・吸収/過去問対策

➡タンパク質の分解・呼吸・働き/過去問対策

➡腎臓・尿/過去問対策

➡代謝全般/過去問対策

睡眠/過去問対策

ストレス/過去問対策

衛生管理者合格のための、おすすめテキストと問題集

・テキスト(参考書)

通信講座や講習会では、これまでの出題傾向や情勢などを判断して、独自に分析した内容を記載したテキストを用意してくれる。

しかし、個人が独学で試験に挑む場合には、どのテキストが良いのかは自分で判断しなければ、あまり理解しにくいテキストを一生懸命に頑張っても時間を費やすばかりで、効率的ではなく、短期間で合格しにく恐れがある。

・問題集(過去問)

通信講座や講習会でも問題集はもらえるが、過去何年分もまとまっていない。衛生管理者については、過去に出題された問題の類似問題や一言一句全く同じ問題も出されているので、過去6年分とか8年分とか、冊子になってまとまった過去問を3回程度は繰り返し解くことによって、いざ、本番に出たときにはガッツポーズが出るほど自信に繋がる。

過去問は出来るだけ本番の試験に合った形の方が良い。また、解答解説は冊子から離すことができて、図解や表などがあり、わかりやすく丁寧なものを選ぶべきである。

複数のテキストと問題集を見比べてみて、最終的には好みになるかもしれませんが、自分が使いやすそう、理解しやすそうなものを選んでください。

第1種衛生管理者を独学で一発合格!おすすめのテキストと過去問とは?

衛生管理者の試験の難易度は?カンタン?むずかしい? 

試験の合格率と合格基準について

・直近の衛生管理者の合格率です。(安全衛生技術試験協会より)

年度受験者数(人)合格者数(人)合格率(%)
201968,49832,02646,8
201867,08029,63144,2
201765,82129,63645,0
201661,50028,00345,5
201555,12930,58755,5
201453,11129,92256,3

合格率は毎年大きく変動はなく、45%前後です。国家試験の中では合格率は高い方で頑張れば手が届く資格だと言えます。しかし、衛生管理者の科目は5科目あり、1科目が40%以上でなおかつ全体で60%以上でなければ、足切りされ不合格になります。ですので、5科目をバランスよく勉強する必要があります。

試験の回数と合格率

合格率はおおむね45%ぐらいだとわかりましたが、2回以上もしくは、複数回受けてやっと合格したという方もこの合格率に含まれます。ですので、一発で合格できる確率は?となるとグッと低くなりますよね。ただ、一発合格は無理難題ということでは決してありません。現に私が一発合格できたのですから、みなさんもできると思います。

【一発合格は可能か?】第一種衛生管理者試験の回数と合格率は?

問題の内容は年々むずかしくなっている?

2014年度の合格率は56,3%に対し、2019年度は46,8%と、この5年間で約10%合格率が下がっています。私は2020年の4月に試験を受けましたが、過去問の類似問題は5~6割程度で、その他は初めて見る問題でした。ですので、過去問の類似問題は全て取りきるつもりで、その他はプラスαとして挑まないと簡単には合格させてくれない試験へと変わっていると感じます。

衛生管理者の試験当日の流れ、準備したこと、問題を解くコツを紹介!

衛生管理者の試験科目と配点、合格基準、試験時間について

・衛生管理者の試験科目と各科目の配点表です。

試験科目問題数1問配点
配点計
関係法令10問8点
80点
労働衛生10問8点
80点
関係法令7問10点
70点
労働衛生7問10点
70点
労働生理10問10点
100点

・合格基準

試験科目ごとの得点が40%以上で、なおかつ、全体の合計が60%以上であること。

・試験時間

センターで受ける場合は、13:30~16:30の3時間です。なお、出張試験における試験開始時刻は、別途会場ごとに定められますので、事前にお確かめください。

衛生管理者の試験会場の場所は遠い!事前に確認しておこう!

衛生管理者の試験会場は、電車に乗って、バスで近くまで行って、最後は徒歩で15分~20分ほど掛かってしまうという、かなりのどかな土地にある受験場所が多いです。

ですので、試験会場はあらかじめルートを確認しておく方が良いと思います。その他、年に1回程度、各都道府県で出張試験が行われますので、その場所も検討しておきましょう。
試験会場となる安全衛生技術センターを下記に掲載しておきます。センターは全国7ヶ所。

どのセンターでも受験できます。

衛生管理者の試験合格後の手続きはどうすれば良いのか?

免許申請書に必要事項等を記入し、この合格通知書と必要書類を添付のうえ、下記に免許申請をしてください。この手続きをしないと免許証は交付されませんので、気を付けてください。

〒108-0014 東京都港区芝5-35-2 

東京労働局免許証発行センター

詳しい記載方法は、厚生労働省のホームページでご確認ください。免許申請書はここからダウンロードすることができます。

念願の第一種衛生管理者に合格!合格後の手続き方法を教えます!

ちなみに、合格後の免許更新の手続きはありません。一度合格したらずっと免許所有となります。

衛生管理者取得に関連する資格や、講座を紹介!

メンタルヘルス資格

職長教育

AED

コメント

タイトルとURLをコピーしました