【勤続15年】工場勤務は底辺と言われる10の理由と実際はどうなのかを解説

工場勤務は底辺なのか
まじめな女性

工場勤務が底辺ってどういうこと?

疑問のある男性

工場勤務って、働きにくいの?

この記事でわかること
  • 工場勤務は底辺なのか
  • 結論:工場勤務は働きやすい職場
  • 工場勤務は底辺と言われる10の理由と実際

 

こんにちは。

この記事を書いている かとひで です。

私はこんなひと。

この記事を書いているひと
かとひで
  • 1975年生まれ、高卒
  • 第1種衛生管理者を一発合格
  • 製造業で安全衛生に携わること15年
  • 現役の衛生管理者

工場勤務について、あなたのイメージはどんなものがあるでしょうか?

工場で働くイメージとしては、こんな感じでしょうか。

〇工場で働くイメージ

  • 汚れた作業着
  • 夏は暑い、冬は寒い職場
  • 同じ作業の繰り返し

私も工場勤務になる前は、きびしい作業環境の下で働いているのではないかと思っていました。

しかし、かなり想像とは違うことがわかり、今では働きやすい職場だと感じています。

工場勤務にあまり良いイメージはないけど、働く場所として工場が選択肢のひとつとお考えなら、ぜひ参考にしてみてください。

目次

工場勤務は底辺と言われる10の理由と実際はどうなのかを解説

工場勤務は働く職場として「底辺」「最悪」などと言われることがあります。

それはなぜなのでしょうか?

下記に挙げた、10コのイメージが強いからだと考えます。

  1. 単純作業ばかりさせらえる
  2. 重たいものを運ばされる
  3. 夏は暑く、冬は寒い職場環境
  4. 作業着がダサい
  5. ルールが多くてめんどくさい
  6. フォークリフトやトラックが多くて危ない
  7. 汚れる
  8. 学歴が低い人ばかり
  9. 給料が低い
  10. 休みが取りにくい

 

では、実際にはどうなのでしょうか?

製造業に15年間勤めている私が、工場の実際の現場の状況を解説していきます。

結論:工場勤務は働きやすい場所である  【工場勤務は底辺?!】

結論から先に言いますと、工場勤務は労働環境がかなり改善されており、働きやすい職場です。

実際に私は15年間働いていますので、実体験をもとに働きやすい理由を記載しました。

  1. 単純作業ばかり → 交代で作業場所が変わる
  2. 重たいものを持つ → 労働災害につながることはさせない
  3. 夏は暑く、冬は寒い職場 → 空調管理をしっかりしている職場も多い
  4. 作業着がダサい → 動きやすいので、楽に仕事ができる
  5. ルールが多い → ルールさえ守っていれば仕事はやりやすい
  6. フォークリフトやトラックが多く危ない → 工場内は安全第一を徹底しているから外より安全
  7. 汚れる → 町工場の加工業者は汚れるが、工場は労働環境が改善している
  8. 学歴が低い → 高卒者で未経験でも仕事ができる
  9. 給料が低い → 特別低くはない。資格取得手当が設定されている。サービス残業はゼロ
  10. 休みが取りにくそう → 土日祝、有給休暇はしっかり取れる工場が多い

 

次に、世間のイメージと実際にはどうなのかを詳しく説明していきます。

単純作業ばかりさせらえる 【工場勤務は底辺?!】

世間のイメージ

世間のイメージは、単純作業を淡々とさせられるイメージがあり、たとえばこんな感じ。

  • 部品を永遠と組み立て続ける
  • ベルトコンベヤーから流れてくる食材を仕分けする

実際の仕事内容

大手でも中小でも生産計画というものがあり、あらかじめ「何を」「いつまでに」「何個作る」というのは決まっています。

ですので、基本的にはローテーションで各工程を回って作業を行うことになります。

同じ作業が続くときもありますが、単調にならないように生産計画が設定されています。

同じことばかり一日中するって、かえって効率が低下しますからね、そこらへんは考えていますよね。

重たいものを運ばされる  【工場勤務は底辺?!】

世間のイメージ

工場勤務では重たい製品や部品などを長距離運んだり、移動させたりさせられる。

実際の仕事内容

重たいものは、極力持ち運ばないように、徹底されている工場が多いです。

重量物の運搬は、腰痛や関節痛などを発症することにつながりますので、労働災害になりかねません。

ですので、下記内容を義務付けている工場がほとんどです。

  • 重たいものは二人で運ぶ
  • 台車を必ず使用する
  • フォークリフトで運ぶ

夏は暑く、冬は寒い職場環境  【工場勤務は底辺?!】

世間のイメージ

夏は暑くて汗だくでベトベト、冬はジャンバーやヒートテックを着込む寒さで、作業をしないといけないイメージ。

暑すぎて夏は水分取りすぎ、冬は少し北のほうになると、カイロが必需品になる。

実際の仕事内容

荷受け場や、製品を出荷する場所は屋外になるので、「寒さ」「暑さ」はモロに季節を感じるかもしれません。

しかし、生産ラインの工程は基本的に屋内ですので、夏は涼しく冬は暖かい冷暖房完備の部屋が多いです。

ただ、製品や食品に影響を与える温度が決まっているなら、生産しているモノに合わせた職場温度になります。

作業着がダサい 【工場勤務は底辺?!】

世間のイメージ

作業着がダサくて、いやだ。

男性はブルーかグレー、女子はピンクかオレンジ色でおしゃれができない。

なんだか肉体労働をしているというイメージが強い。

実際はどうか

スーツでパリッと仕事をすることに魅力を感じているなら、工場勤務は不向きです。

しかし、スーツやワイシャツ、革靴で仕事をするより、はるかに動きやすいのは確かです。

スーツは自腹の会社が多いですが、作業着は支給品ですので、破れたり汚れたりすると無料で交換できます。

できるだけ動きやすく楽な格好が良いので、作業着は最も最適です。

ルールが多くてめんどくさい  【工場勤務は底辺?!】

世間のイメージ

ルールがたくさんあって、ちょっとさぼると叱られそう。

体をほぐすために、寒い冬の朝でもラジオ体操を強制的にしてる。

安全第一、整理整頓、身だしなみとかうるさそう。

実際はどうか

工場で働く場合は、オフィスより多くのルールが決められています。

どのメーカーの工場は、ルールを徹底しています。

慣れればルールは守るべきだと意識できますが、窮屈だと感じる人はいるかもしれません。

フォークリフトやトラックが多くて危ない  【工場勤務は底辺?!】

世間のイメージ

工場の中は、頻繁にフォークリフトが走り回り、納品のためにトラックが出入りしている。

工場を歩いているだけで、危険がたくさんありそう。

実際はどうなのか

モノづくりの現場ですので、大きな装置やフォークリフト、トラックが頻繁に工場内を移動しています。

ただ、運搬車が走行している敷地は決められており、歩行者が移動する箇所とは離しています。

安全に徹底している工場は、不安全行動には厳しいので、工場内の方が一般道路よりも安全と言われています。

もし大きな事故や災害が発生したら、その工場は操業停止に追い込まれ、製品が生産できず売上が減っていきます。

そのために、すべての項目の中で、安全は第一に考えられています。

汚れる  【工場勤務は底辺?!】

世間のイメージ

製品の加工をする町工場は、油まみれになったり、溶剤が飛び散ったりしているイメージ。

食品加工の工場では、肉片や甲殻類のカラなどがあちこちにこびりついているなど。

実際はどうなのか

オフィスでの事務仕事よりかは、汚れる作業が工場によってはあります。

町工場で鉄を切ったり、溶接したりする作業は確かに汚れます。

しかし、製品組立や食品梱包工場は、加工した後に工程ですから、特に汚れるという作業はありません。

ですので、その工場が何を作っており、どの工程の作業をしているのかにより異なります。

また、3K(きつい・きたない・きけん)の工場は、労働衛生面からしてもかなり改善されています。

学歴が低い人ばかり  【工場勤務は底辺?!】

世間のイメージ

工場は学歴の低い人が働いているイメージが根強いですね。

頭を使うより体を動かしている方が良い、単純作業が多い、オペレーター、職人など。

実際はどうなのか

現場で働く人たちは、高卒の人が多いです。

仕事をコツコツ頑張って、現場責任者になっている方はたくさんいます。

工場の募集要項では、大手のメーカーであっても、高卒で未経験者でも採用してくれる場合があります。

大手企業や名の知れた中小企業のメーカーなら、福利厚生も充実しています。

工場勤務なら、ご自身で学歴が低いと思われているあなたにもチャンスはあると考えてもいいと思います。

給料が低い  【工場勤務は底辺?!】

世間のイメージ

工場勤務は労働単価が低いイメージがついています。

「高卒者=低賃金」「単純作業=低賃金」

実際はどうなのか

工場勤務の現場の人は、高卒者が多いです。

世間一般と同じで、大卒者よりかは初任給は低く、伸び率も低いのは事実です。

しかし、工場では作業に必要な免許や技能が求められるので、作業に適切な資格を取得します。

資格取得により、手当が付きますので、給料はその分上がります。

生産が多く、残業してでも稼働しないといけない場合には、会社はきっちり残業代を出します。

オフィスで働く人たちの「サービス残業」と言われるものはゼロです。

休みが取りにくい  【工場勤務は底辺?!】

世間のイメージ

工場勤務は休みが取りにくく、急な休みも許されないイメージ。

24時間稼働している工場のシフト制は、特に休みにくそう。

実際はどうなのか

工場勤務は始業の時間、小休憩、昼休み、終業時間はきっちり決まっています。

土日祝日は必ず休みの完全週休二日制が定着している工場が大半です。

また、有給休暇も年間20日付与されるメーカーもあり、1か月に一度は休暇を取ることができる計算です。

24時間稼働のシフト制では無理ですが、一般的な工場は、休みはしっかり取れることがほとんどです。

【まとめ】

工場勤務の世間のイメージに対して、実際にはどうなのかを記事にしました。

これから工場で働こうと考えている人に参考になれば良いと思います。

  1. 単純作業ばかり → 交代で作業場所が変わる
  2. 重たいものを持つ → 労働災害につながることはさせない
  3. 夏は暑く、冬は寒い職場 → 空調管理をしっかりしている職場も多い
  4. 作業着がダサい → 動きやすいので、楽に仕事ができる
  5. ルールが多い → ルールさえ守っていれば仕事はやりやすい
  6. フォークリフトやトラックが多く危ない → 工場内は安全第一を徹底しているから外より安全
  7. 汚れる → 町工場の加工業者は汚れるが、工場は労働環境が改善している
  8. 学歴が低い → 高卒者で未経験でも仕事ができる
  9. 給料が低い → 特別低くはない。資格取得手当が設定されている。サービス残業はゼロ
  10. 休みが取りにくそう → 土日祝、有給休暇はしっかり取れる工場が多い
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる