【衛生管理者】試験終了後は、試験問題を持ち帰ることができるのか? 

疑問がある女性

衛生管理者試験が終わった後は、試験問題を持ち帰っても良いの?
問題用紙に書き込んだり、消し込みはしても良いの?

 

このような質問にお答えします。

 

この記事でわかること
  • 衛生管理者試験の試験問題を持ち帰ることはできるのか?
  • 試験問題に書き込みや消し込みはしても良いの?
  • 受験票は持ち帰っても良い?
  • なぜ?衛生管理者の試験問題を持ち帰り不可なのか?
  • 受験した試験解答は知ることができるのか?

 

こんにちは。

この記事を書いている かとひで です。

私はこんなひと。

この記事を書いているひと
かとひで
  • 1975年生まれ、高卒
  • 第1種衛生管理者を一発合格
  • 製造業で安全衛生に携わること15年
  • 現役の衛生管理者

衛生管理者試験が終わったら、自分の解答がどれほど正しかったのか、答え合わせをしたいですよね。

衛生管理者の試験問題は、当日持ち帰ることは可能なのでしょうか?

問題用紙に係わる内容をこの記事で紹介していますので、試験当日に向けて準備をしている方はぜひご覧ください。

目次

【衛生管理者】試験終了後は、試験問題を持ち帰ることができるのか?

衛生管理者の試験終了後は、試験問題を持ち帰ることができるのか?

結論から申しますと、

試験問題を持ち帰ることはできません

 

次に、問題用紙について、試験当日の説明をします。

第1種・第2種衛生管理者試験ともに、試験時間は3時間あります。

問題を解き終わって見直すことろがない人は、試験開始後、60分経てば退出することも可能です。

解答用紙と問題用紙を裏返しにしたことを係員に確認してもらったら、静かに退出します。

私は、自信のなかった問題を悩んだ挙句、3問ほど解答を変更しました。

見たことのない問題もあったので、解答を変更したことが、良かったのかどうか不安で仕方ありませんでした。

ですので、問題用紙を持ち帰って、すぐに答え合わせをしたい衝動にかられた記憶があります。

しかし、衛生管理者の試験においては、試験問題を持ち帰ることは禁止になっています。

衛生管理者の試験問題には書き込んだり、消し込みはしても良いの?

試験問題の持ち帰りはダメですが、問題用紙に書き込みや消し込みは、大丈夫です。

 

今まで頑張って試験勉強してきた集大成を試験当日に爆発させるために、試験問題用紙を最大限に利用しましょう。

問題用紙を最大限に活用しよう

  • 問題のキーワードになる言葉に下線を引いたり、チェックを付ける
  • 5肢選択の中で、1つを選ぶ問題は、消し込んで絞り込み
  • 時間が掛かりそうな問題はチェックを付けて、後回し
  • 計算問題がある場合は、試験問題用紙で計算

試験問題には書き込んで良いので、最大限に利用しましょう!

 

 

もし、試験の感触があまり良くなく、今回はダメだったけど、「次回は必ず!」という方は勉強方法の見直しも大事なので、ぜひ参考にしてみてください。

人気資格なので参考書もたくさん出ていますので、「どれを選んだら良いんだろう・・・」と、悩んでいる方は「テキスト・過去問ランキング」をご覧ください。

 

「一人では合格する気がしない!」、「何から進めたら良いかわからない・・・」という方は、「おすすめ通信講座」をご覧いただき、参考にしてみてください。

受験票は持ち帰っても良い?【衛生管理者】試験問題を持ち帰り可能?

試験用紙の最初のページに【注意事項】として、下記内容が記載されています。

試験問題の最初のページに記載している注意事項について

  • 3:受験票には、何も記入しないでください。
  • 6:試験問題は、持ち帰ることはできません。受験票は、お持ち帰りください。

指示通りに従うしかありませんね、それ以外は不正になり、不合格扱いされかねません。

試験問題の注意事項をまとめると、受験票は持ち帰っても良いけど、試験問題の解答を記入するのはダメということですね。

試験問題の解答は、外部に流出は不可能だということですね。

なぜ?衛生管理者の試験問題を持ち帰ることができないのか?

なぜ?衛生管理者の試験問題を持ち帰ることができないのでしょうか?

他にもあると思いますが、試験問題を持ち帰ることができない理由は、下記に挙げた内容があります。

試験問題の持ち帰りがダメな理由

  • 大手企業や個人に試験対策を容易にされてしまう
  • 衛生技術センターが予防対策に追われてしまう

 

関東、近畿センターの人口が多い地域では毎週試験が開催され、その他の地方のセンターでは2週間に一度のペースで試験を実施しています。

試験問題がすぐに流出していては、国家試験として成り立たなくなります。

受験生としては、試験直後に正答を確認したいところですが、試験問題の持ち帰りは禁止になっています。

 

また、試験問題を持ち帰ること以外にも、替え玉受験防止の取り組みもしています。

試験開始後、受験票に添付している写真と受験者の確認を試験時間に行います。

衛生管理者は国家試験ですから、厳重に試験を実施することが求められています。

逆に言えば、そこまでするということは、衛生管理者試験は価値のある試験であるとも言えますよね。

衛生管理者の試験問題は持ち帰りができないが、受験した試験解答を知ることはできるのか?

衛生管理者の試験問題は持ち帰りができないですが、受験した試験解答を知ることはできるのでしょうか?

結論から申しますと、

試験問題の解答は、知ることはできません。

 

なぜなら、衛生管理者の試験は、一回の試験の都度、試験問題の解答を公表していないからです。

各衛生管理者のサイトなどで、上期(4月)、下期(10月)に模範試験問題として掲載されています。

試験問題と解答内容が公開されています。

閲覧できるサイト

  • 安全衛生技術センターの公表試験問題
  • 通信講座 SATのホームページ
  • 各種過去問題集

【安全衛生技術センター】

・公表試験問題の衛生管理者に4月、10月の項目がありますので、そこから閲覧できます。

【SAT】

・通信講座では、SATなどが公表試験問題を掲載しています。

【過去問題集】

・各出版社が出す過去問題集にも随時、試験問題が追加されています。

※その他にも各種団体で、衛生管理者試験の公表試験問題を掲載しています。

「まとめ」【衛生管理者】試験問題を持ち帰ることができるのか?

衛生管理者試験を受験した当日の試験問題の持ち帰りは、禁止されています。

受験する立場としては、試験直後に自信のない箇所の正答は特に確認したいものですが、衛生管理者試験に関しては無理です。

受験試験直後ではありませんが、下記のサイトや、各出版社が発売している問題集などで模範試験問題として掲載されます。

閲覧できるサイト

  • 安全衛生技術センターの公表試験問題
  • 通信講座 SATのホームページ
  • 各種過去問題集

 

衛生管理者のテキストと過去問題集を「どれを選んだら良いんだろう・・・」と、悩んでいる方は「テキスト・過去問ランキング」をご覧ください。

 

「一人では合格する気がしない!」、「何から進めたら良いかわからない・・・」という方は、「おすすめ通信講座」をご覧いただき、参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる