かとひで

衛生管理者

【解説】衛生管理者の資格はなぜ、転職や再就職に有利と言えるのか?

衛生管理者は、なぜ転職や再就職に有利なのかをご紹介。①実務経験者として、転職先で即戦力となって活躍できる②労働安全衛生法により、一定規模以上の事業場に設置の義務がある③幅広い業種、企業内の各部署で、安全衛生の知識は重宝される④資格取得にチャレンジする向上心を評価される。
衛生管理者

衛生管理者のおすすめ通信講座!一人では合格が不安という方は必見!

衛生管理者試験において、一人で勉強を進めて遠回りするより、通信講座の方が受験期間が短くて合格する場合も多いです。「自分では勉強時間を作るのは苦手だ!」「今度は受かりたい!」「一発で受かりたい!」「一人では挫折してしまう・・・」という方は必見です。
衛生管理者

衛生管理者の受験資格って?実務経験なしで高卒でも受けられるの?!

衛生管理者の受験資格は、実務経験がないと受けることはできません。大卒なら1年間、高卒なら3年間の実務経験が必要で、実務経験が10年以上あれば学歴不問です。実務経験の具体的な内容や、受験資格と実務経験の関係性について解説しています。
衛生管理者

【衛生管理者】事業者証明書の書き方、自分の労働衛生の実務経験について

衛生管理者の試験に必要な事業者証明書の書き方と、受験資格である実務経験の主な内容を記載している「労働衛生の実務に関して」の内容を紹介します。自分の実務経験は当てはまるのか、この記事で確認してみてください。
衛生管理者

衛生管理者の過去問は、発売日を確認して、最新版を購入しよう!

過去問の発売日を把握しておけば、最新版が発売された直後に購入することができて、出題傾向や法改正の新しい情報が手に入ります。衛生管理者の試験を受ける日は毎月あるのに、過去問は年に1度の発売ですので、発売日がいつなのかを把握することは重要になります。
衛生管理者

衛生管理者試験の合格基準とは?科目ごとの足切りってあるの?

衛生管理者試験では、2つの合格基準があります。合計点数と、科目ごとの足切り点。「1科目につき40%以上かつ、全科目合計で60%以上」という条件があります。合格するには、不得意科目を作らないよう、勉強の工夫が必要です。
衛生管理者

【衛生管理者】第1種と第2種の違いは?どっちを受験するべきか!?

衛生管理者には、第1種衛生管理者と第2種衛生管理者があります。「何が違うのか」、「どっちを取得すればいいのか」をこの記事で解説しています。取得するなら第1種衛生管理者だと思います。業務内容、試験科目、問題数、合格率は違いがあり、試験手数料と試験時間は同じです。
衛生管理者

【衛生管理者】取得後の資格手当はいくら?昇進・昇格に影響するの?

第1種衛生管理者の試験免許を取得した後は、「資格手当はもらえるのか?」・「仕事内容はなにがあるのか?」・「会社での評価は上がるのか?」など疑問が出てきます。私の実体験をもとに解説していきますので、ぜひ最後まで記事を読んでみてください。
衛生管理者

【衛生管理者】見たことない問題が試験当日に出た時の対処方法4つ!

【衛生管理者】見たことない問題が試験当日に出た時の対処方法として、4つのことを紹介します。頑張って勉強してきた成果を100%出し切って合格を勝ち取る方法です。この記事を参考にして、常に平常心でいられるように役立ててください。
衛生管理者

衛生管理者の試験日はすぐに満員になる⁉申し込み状況を確認しておこう!

衛生管理者の試験は毎月ありますが、すぐに満員になり、申し込みさえできない状況の場合があります。受けたい希望日があるなら、最寄りの安全衛生技術センターの申し込み状況を事前に確認しておくことをおすすめします。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました