事業場ごとに選任すべき衛生管理者の人数と選任する目的とは?

衛生管理者

衛生管理者の人数って決まってるの?

衛生管理者の選任の人数は、その事業場の労働者数で決まるよ!

衛生管理者は、一定規模の事業場ごとに選任が義務付けられています。

業種にかかわらず、常時50人以上の労働者を使用する事業場は、

衛生管理者を選任し、衛生に関する技術的事項を管理しなければなりません。

選任すべき衛生管理者の人数は、事業場の労働者数に応じて決まります。

衛生管理者の選任数は、事業場の労働者数で決まります

下記に衛生管理者の選任数を表にまとめました。

実際の問題で、関係法令(有害業務に係るもの)において、

問1の「製造業における、衛生管理体制に関する問題」として、

毎回のように出題されています。

ですので、事業場の労働者数と衛生管理者の選任数の表は覚えておいてください。

事業場の労働者数衛生管理者の選任数覚え方
50人以上~200人以下1人以上ごっ    <50>
200人超~500人以下2人以上つう    <200>
500人超~1000人以下3人以上こわ(恐) <500>
1000人超~2000人以下4人以上い     <1000>
2000人超~3000人以下5人以上にい    <2000>
3000人超6人以上さん    <3000>
覚え方

ごっつう、恐い、にいさん(すごく恐いおにいさん)

「ご」50人、「つう」200人、「こわ」500人、

「い」1000人、「にい」2000人、「さん」3000人

語呂合わせで覚えるのも良いかもしれませんので、参考に載せています。

また、衛生管理者の選任は、衛生管理者を選任すべき事由が発生した日から

14日以内に行い、衛生管理者を選任したときは、遅滞なく、

選任報告書を所轄労働基準監督署長に提出しなければなりません。

衛生管理者を選任する目的とは?

衛生管理者を選任する目的は、労働者の健康被害を防止することです。

具体的には、衛生管理の教育、健康診断の推進、労働者の健康増進、

労働災害の未然防止対策、原因と調査、労働災害の再発防止対策などです。

  • 労働者の危険又は健康障害を防止するための措置に関すること。
  • 労働者の安全又は衛生のための教育の実施に関すること。
  • 健康診断の実施その他の健康の保持増進のための措置に関すること。
  • 労働災害防止の原因の調査及び再発防止対策に関すること。

衛生管理者は少なくとも毎週1回作業場等を巡視します。

その際に、設備や作業方法、衛生状態に有害のおそれがあるときは、

速やかに、労働者の健康障害を防止するために対策を講じなければなりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました