【禁煙成功体験談】禁煙が格段に楽になる!使用したものはたった2つ

禁煙を格段に楽にさせた、2つの使用したグッズを紹介します 禁煙

実際、禁煙はツライものです。

「タバコをやめよう!」と思ってみたものの、

数時間後に辛抱できずに吸ってしまう・・・

こんなことが何回あったか、数え切れません

実際に私が禁煙するために使用したものを紹介していきます。

禁煙のために使用したものはたった2つ

禁煙をしなければいけないと思ってから、どのようにしたら禁煙できるかを考えました。

一つ目はタバコを吸うことに対しての考え方を変えなければと思い、「禁煙セラピー」を購入。

二つ目に禁煙の禁断症状が出たらどうしようかと、「ニコレット」を同時に購入しました。

禁煙に使用した2つ
  • 書籍: 禁煙セラピー【読むだけで絶対やめられる】
  • ガム: ニコレット【指定第2類医薬品】

今までたばこを吸い続けており、当初、禁煙は「出来たら良いなぁ~」という感じでしたので、そこまで真剣には取り組んではいませんでした。

しかし、この2つの効果が想像以上に良い方に働き、禁煙に成功することができました。

書籍:禁煙セラピー【読むだけで絶対やめられる】

禁煙を成功させるためには、たばこへの価値観を変える必要があります。

喫煙している人はたばこに対しての偏見はなく、たばこを吸うメリットが多いとすら考えがちですが、「百害あって一利なし」が真実だと自分に分からせることが重要になります。

ですので、たばこを吸うメリット・デメリットを考え、禁煙が成功した後の素晴らしい世界を想像できるかどうかがポイントになってきます。

それらの内容が1冊にすべて書かれているのが、この「禁煙セラピー」という書籍でした。

なぜなら、一度習慣化したタバコを吸う行為は、頭の脳みそが記憶しています。

それをなかったものにするのは至難の業だということです。

ですので、タバコそのものに対しての知識や考え方を変えなければなりません。

私の場合は、男たるものタバコは吸うもので、カッコいいというものから、くさい・きたない・ダサいというものにこの本で思考が変わりました。

この本の良いところは、「本を読みながらタバコを吸い続けても良いよ」

禁煙を強要するものではなかったことです。

読み進めることによって、考え方を変えてくださいという流れ。

「あくまでも読者の考え方が変われば禁煙できますよ」っと、

読者の意識の変化に任せるスタンスが自分には合っていたかもしれません。

実際、タバコを吸いながらこの本を読み進んでいました。



気楽に読もう
  • 禁煙セラピーという本は、軽い気持ちでまず手にしてみよう!
  • 自分のタイミングで、読みたくなったら読み始めても良い。
  • タバコを吸いながら本を読んでも全然OK。
  • 「ほんとにこの本でタバコをやめられるの?」と疑いながらもOK

禁煙というフレーズが自分の中に芽生えてきたことは大変な進歩でした。

しかし、「禁煙をしよう!」という気持ちは沸いてきたけど、あせりは禁物!

なぜなら、たばこを吸うことは疑いもなく今まで何十年と習慣化したことです。

急に習慣を変えてしまうことは、かえって仕事や普段の生活のバランスを崩しかねないのです。

時間をかけて、自分と向き合い、考え方を変えていくことが最終的には近道でした。

ガム: ニコレット【指定第2類医薬品】

意志の弱い私は本を読むだけでは禁煙なんてできないと考え、同時に、ニコチンが含有されているガムを購入していました。

このニコレットも私には効果的でした。

禁煙をすると決めてからも、やっぱり禁断症状みたいなものが出てきます。

落ち着きがなくなり、イライラして、やる気が出ないという症状。

そこで、このガムのニコレットを口に放り込むのです。

ガムを噛んで口から摂取されるニコチンは微量なのですが、それでも気休めになりました。

苦く独特な風味はタバコを良く再現されていると感じましたね。

ニコチンが微量に含有されているので当然です。

タバコは口にくわえるもので、このニコレットも口に入れるものだったので、

頭の脳みそと口の寂しさをごまかすことには最適でした。


ガムの噛み方
  1. 口に入れた後、ピリッと刺激があるのでしばらくゆっくり噛む。
  2. 頬と歯茎の間に1分間ほど置いておく。
  3. 1と2を繰り返し行い、30分以上口に入れておく。

ニコチンは1個につき、2mgです。

どうしてもタバコが吸いたくなったら、迷わずニコレットを噛むことをおススメします。

我慢がストレスになり、禁煙を断念してしまう恐れがあります。

「タバコを吸いたい!」と感じたら、すぐにニコレットです。

私はそうして、我慢をすることは極力さけていきました。

その他の禁煙グッズ

私は禁煙セラピーニコレットで禁煙に成功し、15年後の今でもタバコから縁遠い人間になれました。

しかし、この2つでは不安だ!という方は、その他の禁煙グッズもあるので、紹介しておきます。

その他の禁煙グッズ
  • 禁煙バッチ
  • 電子タバコ(ニコチン0、タール0)
  • 禁煙パイポ
  • 禁煙キャンディー

まとめ

今までウマい!ウマい!とタバコを吸ってきたのですから、一度習慣化したことは、そう易々とは変わりません。

私が禁煙に成功できた、たった2つのものとは、「禁煙セラピー」と「ニコレットガム」です。

タバコに対する意識を変える    ☞  禁煙セラピー


体がニコチンを欲するときに使用  ☞  ニコレット


私が主に禁煙グッズとして使用したものは、この2つだけです。

時間をかけて自分のタバコに対する考え方を変えるためにじっくり取り組みました。

それでも吸いたい!っと思ったときには、ガマンせずにニコレットガムをかむことにしていました。

ただ、タバコを吸っていたときにセットになる飲み物との関係性は深く、誘惑してくるアルコールやコーヒーといったものがあります。

これらはタバコを吸っているときには良き相棒になってしまいます。

禁煙成功体験談として、禁煙を失敗した事例を紹介しておきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました