Googleアドセンス1発合格の為に、したこと7つ、しなかったこと2つ

ブログ・SNS

申請する前に準備したことのまとめを記事にします。

これを全てやれば、必ず合格するとは限りません。

かとひでブログの場合ということで、参考レベルにしておいてください。

申請のたびにご苦労なさっている方や、これから申請しようとしている方に、

少しでも参考になれば幸いと記事にしました。

申請準備の位置づけ

アドセンスの合格を一つの目標にすることによって、

ブログサイトの基本的な形を学ぶことができました。

独学ならなおさら、情報も自分で検索しているので、

何が必要なのか、どれが正しいのかわからずに進めていました。

ですので、申請の準備をすることでサイトの不足を認識できました。

ブログの基礎構築づくりに最適だと思います。

集客できるブログの第一歩が整うと考えています。

申請の準備でわかったこと

アドセンスに合格することにより、サイトの基本的な形が整い、

将来的に収益化につながる基礎になると思っています。

独学で進めていく中で、やはり抜けていることが多いことに気づきました。

申請しようと決めて、どんなことを準備して挑むかをググってみると、

「あれも、これも作ってない!」と、自分の力不足を痛感しました。

申請時の状況

記事内容

公開記事10記事  下書き:7記事

1記事の文字数:1729~2349文字

資格関係:3記事、 健康関係:1記事、 禁煙関係:6記事

※申請時は9記事、申請期間中に1記事公開しています。 

申請までのブログ作成時間

ブログを書き出してから1か月と3週間(約50日間)で申請。

1日のパソコン使用時間は約2時間です。

平日でもなるべく記事には目を通し修正していましたね。

3~7日に1記事ぐらいの頻度で公開していました。

公開しても気になる箇所は、すぐに修正していました。

最初は自分のしょぼい記事が恥ずかしかったです。

何個か記事を公開すると慣れてきます(笑)

ブログ立ち上げ時の環境

レンタルサーバー:WordPress(ワードプレス)有料サーバー

ドメイン:Conoha Wing(コノハ ウイング)有料ドメイン

テーマ:Cocoon(コクーン)無料テーマ

分析データによるPV数

申請時には全記事トータル200PVちょっと。

自分がブログを見ているデータを省いても良いのですが、

あまりにもPV数が少ないので、寂しくなるのを防ぐため入れていました。

多分…8割ぐらいは自分でしょうね(笑)

他の2割は、SNSからの流入で少し見てくれてる程度ですね。

申請前に準備したこと

・プライバシーポリシー

申請準備をするまでは自分のブログにはありませんでしたし、

必要なものとも知りませんでした。

全くもって自分で考えてません、冒頭の名前だけ変えただけです。

99%コピペです(笑)

規約を記載しているものですから、定型文で良いと判断しました。

一応、全文しっかり読んでおいてはくださいね。

硬い文面を入れるだけでサイト全体が引き締まる感じがします。

・問い合わせフォーム

記事の内容に対しての質問や、相談を受け付ける窓口として、

お問い合わせを設定しました。

しかし、私はこれも申請準備の際に調べて初めて知りました

それだけウェブマーケティングについて無知でした。

ビジネスブログなら、当然設置しているものだということです。

作成方法として、WordPressなら、

プラグインでContact Form 7 をインストールし、

固定ページで作成します。

・分析ツールの導入 

アナリティクス(Google Analytics)

  ☞アクセス解析ツールです。

ページの閲覧数や滞在時間、サイト内の移動動向などを分析するものです。

サーチコンソール(Google Search Console)

  ☞検索結果の掲載順位の管理ツールです。

どのようなキーワードで検索したか、

そのサイトのクリック率はどうか、などを分析するものです。

同じGoogleから無料でダウンロードできる分析ツールです。

Google側においても、ブログが伸びていくことは利益になりますので、

これらを導入しているサイトは好意的に見られるとのことです。

遅かれ早かれ、分析ツールから導き出される数値を基に、

改善を余儀なくされると思います。

このタイミングで是非、導入しておきましょう。

・プロフィール

運営者の人物像を出している方が、サイトとしても不信感はなくなります。

私の場合は、あまり大きな声では言えませんが、

サイドバーに変な画像と簡単なコメントを入れただけです。

それでも合格しているので、問題はないのでしょうが、

時間があれば、1記事にしっかり書いても良いかもしれません。

・サイトマップ

Cocoonの機能でサイトマップを生成できるショートコード

固定ページなどに入力して公開することができます。

簡単なサイトマップページを生成できるsitemapショートコードの使い方
プラグインを使用せずともサイトマップを手軽に作成できるショートコードの使い方説明です。

サーチコンソールと連携する場合には他に該当するものがありますが、

簡単にサイトマップ(目次)ができますので、まずはこれで良いと思います。

・ナビゲーションメニュー

ブログの各ページに共通して設置される、サイト内の案内メニューのことです。

読者が知りたい情報へ辿り着けるようにサポートできます。

ブログ全体のコンテンツ構成を分かりやすくすることも、

ナビゲーションメニューの役割の一つです。

WordPressなら、ダッシュボードからメニュー項目を選んで、

操作をすれば簡単に設定できますよ。

しなかったこと

・アフィリエイトリンクの貼り付け

アドセンス申請時にはリンクは一切貼り付けていませんでした。

Googleのアドセンスの審査のための申請なので、

邪魔になる要素は排除しておいた方が良いと考えました。

と、カッコいいことを言っていますが、

アフィリエイトの方法も、貼り付け方も知りませんでした(笑)

実際には記事を書くことと、サイトを整えることに精一杯ですし、

それらを先に充実するようにしました。

PV数もあまり多くないのなら、アドセンスの合格後に

ゆっくりアフィリエイトリンクの貼り付けをしてもいいでしょう。

・NGワードとされている文字を消すこと

NGコンテンツがあることを申請直前に知りました。

それらを推奨するものは、いろんな人が閲覧するので、

よくない記事だと判断されてもおかしくはないですね。

しかし、読者に有益な情報になる記事内容においては、

NGワードが入っていてもOKだと知りました。

ですので、半信半疑での挑戦だったのですが、

禁煙記事での「アルコール・タバコ」の文字を消していません。

というより、申請直前に知ったので、変更できませんでした

タバコの銘柄や、吸っていたころの満足感などは言葉を

変更しましたが、他はそのまま使用し申請しました。

実際に申請時でのタバコという文字を数えてみたら、

禁煙6記事分合わせて、216文字も使用しています。

それでも審査には合格しています。

有益な記事だと見なされたと立証されたわけです。

心掛けたこと

個人を強調

企業のホームページみたいな万人向けする記事ではなく、

私個人の実体験に基づいた内容にしました。

不安や悩み事の解決方法

自分の経験を踏まえ、不安や悩みが少しでも解消できたら良いなと、

常に意識をして書きました。

自分の言葉で表現

初心者ですし、文章で仕事をしたこともありません。

きれいにまとめようとか、調べた専門用語を入れたりせず、

今の自分の実力で表現できることを素直に書きました。

記事を書く事を優先

記事を書き進めることを最優先に考えました。

サイトに必要なことはこれからまだまだ出てくると思うので、

サイトを整えることは最低限に留めました。

ブログサイトの運営にあたって、必要不可欠のアドセンス登録です。

少しでも参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました