衛生管理者【労働生理】 泌尿器系『腎臓・尿』出題傾向を徹底分析!

衛生管理者科目の労働生理、泌尿器系の科目についてを解説しています 衛生管理者

泌尿器ってどう読むの?どこのこと?

腎臓のことってむずかしそう…

尿の成分が問題に出るの?

 

 

このような質問にお答えしていきます。

 

 

本記事の内容
  • 泌尿器(ひにょうき)系の役割について
  • 腎小体(じんしょうたい)
  • 尿細管(にょうさいかん)
  • 尿の成分
  • 泌尿器系の疾患(しっかん)

  

 

こんにちは。

この記事を書いている かとひで です。

私はこんなひと。

 

<span class="bold">かとひで</span>
かとひで
  • 1975年生まれ、高卒
  • 第1種衛生管理者を一発合格
  • 製造業で安全衛生に携わること15年
  • 現役の衛生管理者

私がどうやって第1種衛生管理者に一発合格できたのかを含めて、労働生理 泌尿器系【腎臓・尿】編についてを本記事でしっかり解説していきますので、最後までじっくりと読んでみてください。

第1種衛生管理者に一発合格はこれで決まり!おすすめのテキストと過去問

衛生管理者【労働生理】 泌尿器系『腎臓・尿』出題傾向を徹底分析!

過去出題傾向:

腎臓(じんぞう)の構造尿にょうの成分の出題が大半です。

特に、腎小体(じんしょうたい)糸球体(しきゅうたい)ボウマン嚢(のう)構造とはたらきはよく出題されているので、必ず解答できるようにしておきたい。

<問題>

腎臓又は尿に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

(1)血中の老廃物は、尿細管からボウマン嚢(のう)に濾(こ)し出される。

(2)血中の蛋白質は、糸球体からボウマン嚢に濾し出される。

(3)血中のグルコースは、糸球体からボウマン嚢に濾し出される。

(4)原尿中に濾し出された電解質の多くは、ボウマン嚢から血中に再吸収される。

(5)原尿中に濾し出された水分の大部分は、そのまま尿として排出される。

労働生理【腎臓・尿】 
公表問題 令和2年上期  問39

解答:(3)

解説:

「✖」(1)本文中の尿細管は誤り、糸球体が正解
「✖」(2)血中の蛋白質(タンパク質)と血球は濾し出されない
「○」(3)記述通り。
「✖」(4)本文中のボウマン嚢(のう)は誤り、尿細管(にょうさいかん)が正解
「✖」(5)尿細管から再吸収され、残りが尿として排出される。

「泌尿器系の役割」 【労働生理】泌尿器系『腎臓・尿』

ヒトの体の泌尿器(ひにょうき)系の役割ってご存じでしょうか?

泌尿器とは、腎臓(じんぞう)・尿管(にょうかん)・膀胱(ぼうこう)からなり、尿の分泌と排泄(はいせつ)を行なう器官のことです。

泌尿器の構造
  1. 腎臓 ➡ 尿を作り出す
  2. 尿管 ➡ 膀胱に尿を運ぶ
  3. 膀胱 ➡ 尿を一定量ためる
  4. 尿道 ➡ 膀胱から尿を排泄する

泌尿器とは、腎臓で尿が作られ、排泄するまでの器官を言います。

 

※補足として、尿ができるまでを解説します。

有害なアンモニア、老廃物(血液中)➡尿素(肝臓)➡尿(腎臓)

尿ができるまで
  1. 有害なアンモニアや老廃物(ろうはいぶつ)が体内に発生します。
  2. 有害なアンモニアは、肝臓(かんぞう)で害の少ない尿素(にょうそ)につくり変えられます。
  3. ヒトの体には不要な尿素は、腎臓に送られて血液中から濾し出されて尿となります。

「腎小体」 【労働生理】泌尿器系『腎臓・尿』

腎小体(じんしょうたい)は、糸球体(しきゅうたい)ボウマン嚢(のう)からなります。

  • 糸球体(しきゅうたい)毛細血管が毛玉みたいに集まったもの
  • ボウマン嚢(のう)糸球体を包み込む袋のようなもの

尿素や不要物を含む血液が糸球体に運ばれてくると、ボウマン嚢によってろ過されます。

こうして濾し出されたものを原尿と言います。

濾し出されるもの
  • 尿素
  • 水分
  • 電解質(塩分)
  • 栄養分(糖分)

 

濾し出されないものもよく出題されるので、必ず覚えておきましょう!

血液中の血球とタンパク質は濾し出されない!

「尿細管」 【労働生理】泌尿器系『腎臓・尿』

腎小体からつづく尿細管(にょうさいかん)では、原尿に含まれている水分・電解質(塩分)・栄養分(糖分)が血液中に再吸収される。

この仕組みにより、ヒトの体内の水分量や塩分の濃度が調節されている。

原尿のうち、尿細管で再吸収されなかった成分が尿になる。

腎臓と尿管の接続部分から尿管を経て、膀胱に送られて、やがて体外に排泄される。

「尿の成分」 【労働生理】泌尿器系『腎臓・尿』

尿の成分は、水分が約95%を占めており、残りの5%は固形物である。

尿は淡黄色の液体で、健康な状態の尿は弱酸性を示す。

「泌尿器系の疾患」 【労働生理】泌尿器系『腎臓・尿』

尿蛋白(にょうたんぱく)

尿の成分はヒトの体の健康状態をよく反映しているので、国や企業で実施されている健康診断の中で、尿検査が広く行われています。

尿蛋白(にょうたんぱく)とは?
  • 腎臓の機能が低下すると、尿中にタンパク質がもれ出す
  • 尿蛋白が陽性の場合、腎臓・膀胱・尿道の病気が疑われる

尿糖(にょうとう)

尿もれ出している状態のこと。

尿糖(にょうとう)とは?
  • 糖を摂取しすぎ、基準値を上回ると、高血糖(こうけっとう)になる
  • 高血糖(こうけっとう)により、血液中の糖が再吸収されずに、尿の中にもれ出す

 

ただし、高血糖を伴わなくても尿糖が陽性(+)になる場合があります。

  • 体質的な腎性糖尿(じんせいとうにょう):腎臓の再吸収の障害
  • 糖尿病(とうにょうびょう):膵臓(すいぞう)の障害

尿素窒素(にょうそちっそ)「BUN」

※「BUN」:blood(血液) urea(尿素) nitrogen(窒素)

血液中の尿素に含まれる窒素成分をいいます。

尿素窒素(にょうそちっそ)「BUN」
  • 血液中の尿素に含まれる窒素(ちっそ)成分
  • 蛋白質が利用された残りカス
  • 腎臓の機能が低下にともない、ろ過しきれない分が血液中に残る
  • 腎臓の機能が低下すると、尿素窒素の数値が高くなる

衛生管理者【労働生理】 泌尿器系『腎臓・尿』まとめ

労働生理の泌尿器系の項目では、腎臓(じんぞう)の構造と尿(にょう)の成分の出題が大半です。

繰り返しになりますが、腎小体(じんしょうたい)糸球体(しきゅうたい)とボウマン嚢(のう)の構造とはたらきはよく出題されています。

泌尿器系の『腎臓・尿』まとめ
  • 泌尿器(ひにょうき)系の役割について
  • 腎小体(じんしょうたい)
  • 尿細管(にょうさいかん)
  • 尿の成分
  • 泌尿器系の疾患(しっかん)

コメント

タイトルとURLをコピーしました