2020-09

衛生管理者

衛生管理者【労働生理】『心臓・血液』過去問の出題傾向を徹底分析!

肺循環と体循環の血液の流れる経路、動脈血と静脈血の違いなどの血液循環に関しての内容を混同しないように確実に押さえておきましょう!①体内を循環する経路には、肺循環と体循環の2つがある ②体内を循環する動脈血と静脈血の違い
衛生管理者

衛生管理者の労働生理【神経系】過去問の出題傾向を徹底分析!

神経系は中枢神経系と末梢神経系に大別される。中枢神経系は脳・脊髄(せきずい)の働き、末梢神経系は体性神経系と自律神経系からなる。神経細胞(ニューロン)とその構造、情報の伝導と伝達(シナプス)については、ニューロンとシナプスの説明文を入れ替える問題が出題されている。
衛生管理者

衛生管理者試験の労働生理【呼吸】過去問の出題傾向を徹底分析!

ヒトの呼吸全般に対しての問題が出題され、外呼吸と内呼吸・呼吸運動・呼気と吸気・呼吸中枢は押さえておきたい。毎回出題されている項目であり、出題されたら必ず解答できるようにしておきましょう!
衛生管理者

衛生管理者【労働生理】『感覚器官』過去問の出題傾向を徹底分析! 

衛生管理者の感覚器官は、動物やヒトが生きていく中でもっとも大切な感覚機能である、「五感」についての項目です。労働生理の感覚器官の出題項目とは、「眼の構造」「耳の構造」「鼻の構造と臭覚」「舌の構造と味覚」「皮膚感覚」の5つの項目で構成されている。
衛生管理者

衛生管理者の出題傾向を徹底分析! 労働衛生【有害業務以外】管理等編

労働衛生【有害業務以外】管理等編では、労働者の健康管理や健康維持についてをテーマに取り上げています。主によく出題されるのは以下の3つ。健康の保持増進対策、喫煙や生活習慣病、脳血管障害・虚血性心疾患です。
衛生管理者

第1種衛生管理者の合格率は年々低下?【一発合格】は可能なのか?

過去の合格率の推移を見ると、衛生管理者は今後取得しにくい資格になっている傾向だと言えます。勉強方法や仕方を間違えると合格には届かなくなっている国家資格です。しかし、第1種衛生管理者の合格率は低くないので、頑張れば一発合格も可能です。
衛生管理者

【第1種衛生管理者】効率的な勉強方法とは?8つのポイントを紹介!

第1種衛生管理者の試験は5科目あり、範囲が非常に広いです。間違えた勉強方法で進めると、非効率的で、合格には遠くなってしまいます。第1種衛生管理者の勉強方法において、効率的な8つのポイントをまとめています。
衛生管理者

衛生管理者はこれで決まり!?テキスト・過去問おすすめランキング!

本記事では、衛生管理者のテキストと過去問を選ぶポイントを各4項目解説しています。衛生管理者のおすすめランキングを【テキスト】【過去問】【テキスト&過去問一体型】【ポケットサイズ】【直前用】に分けて記事にしています。
衛生管理者

衛生管理者試験を合格した後には、免許申請の手続きが必要です!

衛生管理者の試験に合格したら、合格通知が届きます。しかし合格後の手続きをしなければ、免許取得にはなりません。衛生管理者試験の合格後の手続きは、少し手間と費用が掛かりますので、詳しく解説していきます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました